1957年、カナダはトロントにある小さな倉庫でカナダグースは生まれた。当時のカナダグースは、ウールのベストとレインコート、スノーモービル・ウエアを専門とする小さなスポーツウエア・メーカー。まさかそのメーカーが、後にカナダを代表するアパレル・メーカーに成長するとは、創業者のサム・ティックは想像さえしなかっただろう。

誕生から60年、カナダグースは常に機能性と実用的なデザインを最優先するモノづくりを貫いてきた。彼らはそれを“カナディアン・ラグジュアリー”と標榜する。「ラグジュアリーと一口に言っても、いわゆるラグジュアリー・ブランドが提案するそれとは一線を画している」とダニー・リースCEO。

「カナダグースが考えるラグジュアリーとは、パフォーマンス、着心地、使い勝手、それら全てが高いレベルで共存していることを指しているんだ。あらゆるシーン、エリア、局面で、ベストのパフォーマンスをかなえる。それが僕たちなりの“ラグジュアリー”の表現方法なんだよ」

そのアウトドアブランド「カナダグース」の日本初となる旗艦店が、2017年11月3日、東京・千駄ヶ谷にオープンする。ブランドのシグネチャーでもあるスノーマントラ パーカ、メンズ・ウィメンズ・キッズ・アクセサリー、60年の歴史を反映させた季節ごとのコレクション、エクスクルーシブなコラボレーションなど幅広いラインナップを展開。0°C以下まで体感できるブランドならではのフィッティングルームを常設しており、カナダグースの機能美が凝縮されている。“カナディアン・ラグジュアリー”を実感できるはずだ。

 

CANADA GOOSE SENDAGAYA
1F, 2-22-16, Jingumae, Shibuya-Ku, Tokyo JAPAN
Tel: 03-6758-1789
www.canadagoose.jp/

PERFECT DAY 05