コラージュ、イラスト、映像など、ポップでどこかシュールなクリエーションで知られる、とんだ林蘭さん。木村カエラなどのミュージシャンやファッションブランドとのコラボなど、幅広く活躍している注目アーティストだ。

「作品作りは5年前から。販売員や派遣OLをしていたとき、変化のない毎日が続き、その反動で“何か作りたい!”と感じ、仕事も辞めてしまったんです」


その頃住んでいた浅草で、通り道の地下にある洋服屋スリーラバーズをふらりと訪れたことで、人生が変わった。

「初めて入ったのに、店主の話が面白くて4時間もいたんです。それから週に5日くらい通っていました」

そこはいとうせいこう、“とんだ林蘭”の名付け親の池田貴史(レキシ)など、多彩な才能を持つ常連客が集まる店で、22歳の彼女は大きな刺激を受けたのだ。


「夢があるならやったほうがいいと応援されて、店内で小さな展示会をやったのをきっかけに、個展に繋がり、仕事のオファーがくるようになったんです」

偶然の人との出会いから生まれたともいえるアーティスト、とんだ林さん。作品を代表するのが、モード誌と生肉や骨などリアルなものが混在する独特のコラージュだ。


「基本にしているテーマは、異質なものの組み合わせ。日常と非日常の中間の感覚です。自然のモチーフはビジュアルとして面白いし、日常感が出るのでよく使います。青空、曇り空、雷、木々など、どれも違っていて、全く同じものがない。ちょっと崩れたバランスなのも気に入っています」

そんな自然のインスピレーションを感じるために、近くの公園を散歩するのが、彼女のスタンダード。


「昼ごはんを食べたり、夜はパソコンを持参して映画を観たりして楽しんでいます。最近は、植物を育てることにも興味があって、グリーンのショップもよく覗きます」

街を散策するときは、動きやすいアイテムを選び、今回着たヘリーハンセンのジャケットも鮮やかなカラーのスカートを合わせて、自分らしくアレンジ。



NEO GREEN/東京都渋谷区神山町1-5/03-3467-0788/営業時間 12:00〜20:00/定休日 月(祝日の場合は火)

「軽くてあったかいから、キャミソールの上にこれだけでも大丈夫。夜の公園で遊ぶときも安心ですね」

住まいを整え、夜遊びを楽しみ、“やりたいことだけやる”がルールという彼女だが、作品作りは日課にしている。

「奇跡のように描けるときもありますが、毎日やらないと“今日もちゃんと作れるか?”と不安になります。そんな恐怖が常にあるから続けているのかもしれません。作品作りはいわば自らの確認作業のようなものですね」


日々自然と触れるために、公園を散歩したり、和洋折衷のグリーンポットが揃うNEO GREENを訪ねるというとんだ林蘭さん。着用したのは、ヘリーハンセンのNATURE FITNESSのライトウェイトジャケット。軽やかなストレッチ性とはっ水性に加え、サイドスリットのベンチレーション機能で通気性にも優れている。アウトドアに対応しながらも、ロングスカートと合わせてもおしゃれに決まる、シンプルモダンなデザインも魅力だ。


ジャケット¥40,000 / HELLY HANSEN 原宿 
その他/本人私物
協力/ HELLY HANSEN 原宿 TEL 03-6418-9669

とんだ林蘭

とんだ林蘭

1987年東京生まれ、茨城育ち。コラージュ、イラスト、ペインティング、映像など幅広い手法の作品を制作するアーティスト。block.fmのラジオパーソナリティも務める。http://tondabayashiran.com

HELLY HANSEN NATURE FITNESS
NATURE FITNESSは、見える機能よりも心と身体が「感じる」ことを大切に、誕生したコレクション。海から山、そして都市まで。私たちとフィールドをつなぐのは、アウトドアで得た知見と、心が感じる機能を持ち合わせたスマートな服。時代と共に生きる私たちに、自然と共存しながらあなたらしくいられる術を教えてくれます。一歩外へ踏み出すために。ありのままのあなたらしいライフスタイルを楽しむために。

https://www.goldwin.co.jp/hellyhansen/naturefitness/