エゾバイ科の食用巻貝の中で、水深200〜1000mの深海の泥底に生息する「バイ貝」。産卵期は夏季で、春から夏にかけて出回る。“倍”という語呂から、名産地の富山県では縁起物として祝いの席に出されることも多いそう。

バイ貝と一口にいっても種類はさまざま。中でも人気なのは、殻の頭頂部が黒いことから“ケツグロ”の愛称ももつツバイ、しっかりとした歯ごたえのある大ぶりの身のオオエッチュウバイなど。

入手したら、貝特有の磯の香りの引き立つ一品をつくりたい。塩揉みきゅうりと合わせた酢の物は焼酎などのアテにぴったり。または、塩ゆでしたバイ貝を使ったオイルパスタで洋風にしても。具材は潔く、どっさりのバイ貝とパセリだけがベスト。白ワインとのペアリングを楽しもう。

PERFECT DAY 05