近隣の常連客がふらりと訪れ、おいしいコーヒーと店主との会話を楽しむ――。そんな何気ない日常が流れる、外苑前のコーヒースタンド〈HOTEL DRUGS〉の店主は、フランス生まれ日本育ちのナタリーさん。ダンサーとして活動したのち、コーヒーショップで修業を積み、クラウドファンディングでこの店を立ち上げて4年になる。

「自分の店を作りたいと考えていたときに友人からクラウドファンディングのことを聞き、1年かけて実現しました。自分自身をプロデュースして出資を募ることはまだ一般的でなかったから、批判を受けて辛いときもありました」

いざ店がオープンすると、質の高い豆を使ったスペシャリティコーヒーやスタイリッシュな店構えがSNSで取り上げられ人気を集める。しかし成功の半面、行き過ぎた騒がれ方に違和感を覚えるようになったという。


「インスタ映えのためではなく、“今ここ、この場所”を実感して、味わってほしいんです。もっと人と人の直接的な関わりを大事にしたい。SNSは楽しいときもあったけれど、飽和を感じて今は休んでいます。とはいえ、これでは世間から離れてしまうのか?という思いもありますね」




“自分が気持ち悪く感じることはしたくない”というナタリーさん。ネットへの葛藤やオーナーのプレッシャーを感じたら、思い切り運動して汗をかくようにしているという。時々はフィットネスジムに出かけることもあるが、彼女の毎日のスタンダードは、自転車通勤だ。

「毎日ではないですが、途中にある世田谷の〈ブーランジュリー ボネダンヌ〉に立ち寄り、サンドイッチを買って、自転車で店まで25分走ります。フランス産小麦のバゲットがおいしくて、途中で食べてしまうことも(笑)。ルーティーンとなった通勤時間(=カラダを動かすこと)は私の大切なリフレッシュタイムになっています」


どのパンを購入するか悩むナタリーさん。行きつけのパン屋〈ブーランジュリー ボネダンヌ〉にて。

今回ナタリーさんが着たのは、ノルウェーブランド、ヘリーハンセンのNATURE FITNESSコレクションのジャケット。ON・OFFアレンジ自在のアウトドアウェアで、雨天にも対応する防水性とストレッチ性を備えている。

「着心地がすごくいいし、雨の日の自転車にも最適ですね。それに、朝だとちょっと肌寒いときがあるので、軽く羽織れるジャケットがあるととても便利」


サイクリングを楽しみながら、街の匂いをかいで、自然の“今”を感じる。リアルに体験することが、何より人の心に残るものだと、ナタリーさんは信じているのだ。「HOTEL DRUGSという店名は、コーヒーの味と店の人に中毒になってほしいという思いを込めたもの。私は、街の人が集う駄菓子屋のおばちゃんみたいになりたい。実際に近所の小学生やおじいちゃんが遊びにきてくれるんですよ」


ココロとカラダの健康をキープするアクティビティに適した、ヘリーハンセンのNATURE FITNESS のジャケット。防水性や通気性に優れ、ストレッチ入りの快適な着用感なのでタウン、アウトドア、旅など、多様なシーンに活躍。シンプル&クリーンなデザインは、手持ちのワードローブとも合わせやすく自分らしいおしゃれが楽しめる。ジャケット¥30,000 /HELLY HANSEN 原宿 その他/本人私物
協力/ HELLY HANSEN 原宿 TEL 03-6418-9669

森田ナタリー

森田ナタリー

外苑前のコーヒースタンド〈HOTEL DRUGS〉の店主。

HOTEL DRUGS
ナタリーさんがラテに合うようにブレンドしたコーヒーが評判。
東京都渋谷区神宮前2-12-3 
営業時間 9:00 ~ 18:00(土・日 11:00~18:00) 不定休 

ブーランジェリー ボネダンヌ
バゲットなどの食事パン、ガレットデロワやマドレーヌなどの焼き菓子を販売する。
東京都世田谷区三宿1-28−1
03-6805-5848
営業時間 8:00~19:00
定休日 月・火