湾岸にピアが連なり、多くの観光客を集めるサンフランシスコのエンバーカデロ地区。その象徴的な建物が、フェリービルディングだ。建物前の広場で週3回、ファーマーズマーケットが開催されている。
スタートしたのは1993年。かつて走っていたフリーウェイが1989年の大地震によって封鎖となり、突如生まれたビルディング前のオープンスペースをどのように使用するか議論が行われ、ファーマーズマーケットの開催に至ったのだという。「地元の農家をサポートしよう」「復興に向けて人々が集まる場所にしよう」。市民の声を行政がすくい上げ、サンフランシスコ市とNPO法人CUESA(Center for Urban Education about Sustainable Agriculture)が主導してファーマーズマーケットが計画された。

「コミュニティが一致団結する美しいストーリーじゃないですか?」と語るのは、CUESAでマーケティング&コミュニケーション・マネージャーを務めるブリー・マズレク。「農家も料理人も地元の消費者たちも集まる教会みたいな場所を作りたい、というのが最初のイメージだったそうです。家族で訪れて隣人と出会い、健康で豊かな食生活のために生産者の声も聞ける。コミュニティの誰もが立ち寄れる場所が求められていたのです」

サンフランシスコに根付いたカウンターカルチャーの気質

当時、サンフランシスコやオークランドのベイエリアで開催されていたファーマーズマーケットは、フェリープラザも含めて3ヶ所のみ。しかし現在では、20ヶ所以上で開催されているという。全米でも有機野菜や畜産物の生産をリードしてきたカルフォルニアの“オーガニック・ムーブメント”を振り返ってみたい。1950年代。超大国への道を突き進んだアメリカ。合理化を目指す人々の声に応えて、冷凍やレトルトなどの調理不要な加工食品が次々に登場した。食品産業の規模は爆発的に拡大し、人々はどんどん大地から遠ざかっていった。どんな環境で生産された野菜が入っているのか、肉が入っているのか。それどころか、そもそも野菜はどのように育てられているのかすらわからなくなっていった。
そこに不安の声を上げる人々がアメリカ各地にポツポツと現れた。農業に目を向ける人たちが生まれ始め、「家族に安全なものを食べさせたい」「隣人たちと健康な食を共有したい」という考えが、1960年代のサンフランシスコにおけるヒッピーカルチャーの発展とシンクロした。森の中にコミューンを作って共同で住み、自給自足の生活を行う。家も自分たちで木造するなど、都市生活や消費社会へのアンチテーゼをライフスタイルで表現したヒッピーたちの「Back to the Land (大地へ帰ろう)」ムーブメントは、オーガニック食材への関心を広めた。

オーガニックへの関心を市民たちが共有

そして1971年、圧倒的な影響力を持つビストロがサンフランシスコ対岸のバークレーに誕生する、Chez Panisse(シェ・パニース)。創業者のアリス・ウォータースが提唱したのは「Farm to Table(農園から食卓へ)」。生産者の話を聞き、安全で自分が美味しいと感じる食材のみを使用する。メニューはシンプル。 過剰に加工することなく、素材の味を楽しむ調理スタイルが話題となり、彼女はたちまちベイエリアの食文化におけるアイコニックな存在となった。
その背景をもとに有機野菜や畜産物の生産者が増えていくものの、「うちの野菜はオーガニックだ」とそれぞれが主張していても、「ヒッピーが裏山で作った野菜」であっては仕方ない。きちんとムーブメントにならなければ 大量消費社会に飲み込まれてしまう。そうして、「何をもってオーガニックとするか?」というルールや農法のコンセンサスが取られ、“オーガニック・ムーブメント”の太い流れが生まれていく。ブリー・マズレクは語る。
「アリス・ウォータースの存在はベイエリアの食文化の発展に圧倒的な影響力を持ちましたし、彼女とアイデアを共有した生産者たちは、ムーブメントを牽引しました。そして、アリスやBi-Riteのサム・モガナムを含むパイオニアたちはフェリープラザのファーマーズマーケット開催に尽力してくれて、市民が安全で美味しい食材を手に入れる流れを生み出してくれました。今でもアリスはよくファーマーズマーケットにやって来て、生産者たちと楽しそうに話していますし、Bi-Riteはイベントをサポートしてくれています」

マーケットを主催するCUESAでは、市民を対象にした農園ツアーや、子どもたちをマーケットに招いて農家の人々と一緒に調理 をするクッキングデモンストレーションのプログラムを実施するなど、Bi-Riteの〈18Reasons〉同様に食育プロジェクトを推進している。生産者と料理人、市民たちを結びつけるためにマーケットを開催するばかりか、食への意識を変えるためのボトムアップを行う。ベイエリアのオーガニックな食文化。その強固な地盤がBi-Riteとファーマーズマーケットの取材で垣間見えた。

Ferry Plaza Farmers Market
San Francisco Ferry Building, 1 The Embarcadero, San Francisco
TEL +1 415-291-3276 (CUESA)
開催日時:土 (8:00~14:00)、火・木(10:00~14:00)

PERFECT DAY 05