みずみずしくやわらかな食感の「春キャベツ」。レタスと変わらないほど軽く、手でちぎれてしまうほどの葉の薄さ。中心は葉が詰まっているが、外側の葉は巻きがゆるくてふんわり。今もっともおいしい春野菜を存分に味わいたい。口どけのいい春キャベツは、包丁いらずで調理できるうえに、芯までまるごと食べられる。

胃腸薬の成分としてもおなじみのビタミンUを含み、胃散の分泌をおさえてくれる。ビタミンCやカリウム、カルシウムも豊富。春の土用としていただいて、胃腸をいたわってもよし。

春キャベツの甘みや香りを楽しむならやはり生で食べるのが一番。食べやすい大きさに手でちぎり、おかか醤油で、またはごま油と塩でいただく。または太めの千切りにしてから、ツナとアスパラガスやインゲンなどの野菜、好みのドレッシングをトングで揉み合わせれば、栄養バランス・食べ応えともに大満足のサラダに。

PERFECT DAY 05