めばるの旬は3月後半から5月にかけて。春告げ魚とも呼ばれ、ちょうど筍が出回る時期においしくなると言われている。捌かれていない一匹魚を選ぶときは、美味とされる20cmくらいまでの小ぶりのものを選ぶとよい。淡白でしまった白身は身離れがよく、煮付けに最適。であいものの筍や新ごぼうと炊き込めば春の一品になる。

水を煮立たせ、酒、みりん、醤油各同量としょうがの薄切りを加えた中で15分ほど落し蓋をして煮る。めばるを取り出し、煮汁は好みの濃度になるまで煮詰めて上からかける。寒さがゆるんできたら、煮付けは少し薄味に仕上げるのが春らしい。山椒の葉をこんもり盛ってもまた一興。

PERFECT DAY 05