ヨーグルト、牛乳、バター、チーズと日常的に食す乳製品は旬への意識が低いが、実はこれらの原料である生乳にも特においしい時季がある。それが、冬の今。野菜と同じように気温や温度、湿度などの環境の変化を受けやすい乳牛は、季節によって体質が変わる。暑さが苦手で夏は餌をあまり食べず、水を多く飲むためサラッとした軽い口当たりの牛乳になる。一方冬は餌をモリモリ食べて脂肪分が高くなるため、こっくりとした濃厚な口当たりを感じられるのだ。

そんな生乳で作られるヨーグルトも、冬の方がコクが強い。スーパーやコンビニでも手には入るが、この時季は牧場や酪農家から新鮮なものを取り寄せて味わってみてはいかがだろう。無糖のヨーグルトはビーフシチューやボルシチ、クラムチャウダーなど冬の煮込み料理に入れると酸味が出て、味の変化も楽しめる。

PERFECT DAY 05