豊作祈願の祝い肴とされており、五穀豊穣を祈る縁起物の祝肴として欠かせない、ごまめ。かたくちいわしの幼魚の乾燥品、およびそれを調理した料理のことを呼ぶ。

ごまめを低温で乾煎りし、酒、みりん、醤油を煮詰め、少量の赤唐辛子を加えた液で煮絡めれば完成。甘さを控えめにして調味液を煮詰めすぎず、くるみやごまなどを加えれば酒の肴として箸が止まらなくなる。ちょっと味わいを変えて楽しみたいと思ったら、青のりを加えたり、乾煎りしたクミンシードとカレー粉少々をまぶしてみるのもよい。

ごまめはカルシウム豊富な食材なので、普段の食卓にも。「食べる煮干し」として売られている小ぶりの煮干し(苦いハラワタの処理もされているもの)とくるみを130度のオーブンで10分ロースト、またはフライパンで乾煎りしたものを保存容器にストックしておく。これをほうれんそうや小松菜のざく切り、キャベツの千切りなどの野菜と一緒にボールに入れて米油と醤油少々で和えたサラダは、飽きずにたっぷりと食べられる。玄米食にもよく合う。

PERFECT DAY 05