「アンチゴージャス、アンチチープ」がコンセプト

旅や移動は、いまやくらしの一部となり、非日常から日常の延長へ、用意されたことを消費するだけの旅行から、自ら作り出す自分だけの体験へと、その需要は変化している。MUJI HOTELはそういった需要に対応し、無印良品の店舗と連携することで、タオルの手触り、コンセントやスイッチの配置、レストランのメニューや空間などを通して、無印良品の思想を体感できるホテルを目指すという。ちょうど良い価格で良く眠れ、旅先において体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを用意する。
 深センは2018年1月18日、北京は同年3月20日に開業し、日本では2019年春に向けて銀座3丁目エリアに「MUJI HOTEL」の開業を計画している。

MUJI HOTEL SHENZHEN
中国広東省深セン市の中心地にほど近い場所に建設中の総合商業施設、深業上城(UpperHills)内の建物の、2階にレセプションを設置、4~6階に79室の客室を設ける。全体のコンセプトおよび客室内のデザインを無印良品が行い、運営は深業上城(UpperHills)のデベロッパーである深業グループの深セン深業酒店管理有限公司(中国・深セン、総経理:吴永验)が行う。

また同じ建物の2階には「MUJI Diner」を導入、宿泊者が朝食から夕食、バータイムまで利用できる空間を提供。ホテルのオープンと同日より2、3階で営業を開始する無印良品店舗と合わせて、無印良品全体の世界観を体感できる施設を目指すという。

MUJI HOTEL BEIJING
北京市の旧市街地として歴史ある建物が多く残る再開発地域、北京坊の一角にて、4階建ての建物の1階をレセプションとカフェ、ブックショップ、2~3階が客室、4階をレストランとする計画を進めている。良品計画が提供する無印良品のコンセプトの下、UDS株式会社と同社の中国現地法人の誉都思建筑咨询(北京)有限公司が企画、内装設計を行い、同じくUDS株式会社の中国現地法人である誉都思酒店管理(北京)有限公司が経営を行う。深セン同様、無印良品を同じ建物内に設置することに加え、1階にはオープンスペースを設け、宿泊客と地域の住民が集い自由なコミュニケーションを生むための空間を提供するという。

PERFECT DAY 05